株式会社シンミョウ保険サービス

株式会社シンミョウ保険サービス
株式会社シンミョウ保険サービス
  1. 電話
  2. メール
  3. メニュー

最新情報NEWS

最新情報

2022.6.23 new

カテゴリー:NEWS

保険を見直してみよう!どのように見直せば良い?

 

保険に入ってはいるものの、本当に今の保険で良いのかという疑問をお持ちになったことはありませんか。

かと言って、たくさんの保険商品がある現在、保険を見直したいと思っても、どのように見直しをすれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

今の保険は良いけれど、もっといい保険があるかもしれないとは言っても、どうやって見直しをすれば良いのか、なかなかわかりませんよね。

営業マンの口車に乗って、逆に高い保険に入ってしまったという人もいるはずです。

しかし、いくつかのポイントを抑えておけば、保険の見直し際に役立ちます。

これから、保険見直しのポイントについて説明します。

 

 

1) 保険の見直しポイント1.年代別の相場を調べてから保険の窓口で相談

 

保険の見直しポイントの1つ目は、自分の年代で保険に入る際に、どのくらいの相場であるのかと言うのを確認することです。

例えば、同じ30代だとしても独身か既婚かで入りたい保険は変わってきます。

また、子供がいるかいないかでも、将来を想定した保険に入るか入らないかというのは人それぞれです。

しかし、ネット社会と言われる現在では、少し調べれば自分の年代別の大まかな保険料を知ることができますし、保険料の比較サイトなどというものまであります。

一般的には、若いうちに保険に入っていた方がお得だということもありますが、元気な高齢者も多いので結構な年齢の人でも入れる保険もあります。

保険を見直す際には、まず年代別での保険料を調べてから、自分のライフワークに合わせたプランを保険の窓口で相談し、選ぶようにするのがポイントです。

 

2) 保険の見直しポイント2.車や住宅購入などの大きな買い物の時

テレビなどで、自動車の保険を見直ししよう的なものを見た事がありませんか。

保険見直しのポイントの2つ目は、住宅購入や自動車購入など、保険に入ることが前提条件のものを購入した際に検討するという事です。

例えば、自動車を購入した際には、対人や対物の保険に入ります。

車検の際に、保険を見直ししてみたら、かなり安くなったという経験がある人もいらっしゃるかと思います。

自動車だけではなく、引っ越しの際に、新居に合わせた火災保険や地震保険などの損害保険に入る方も多いのではないでしょうか。

以前住んでいた家より、今度住宅購入する予定の場所の方が保険料が安かったということも少なくありません。

大きな買い物をする際には、現在の保険と新しい保険を比較してみるのも、保険見直しのポイントです。

 

 

 

3)保険の見直しポイント3.結婚・出産定・定年退職などのライフイベントが起こる時

 

人生にはいくつかのライフイベントがあります。

年代別で言えば、若い人であれば結婚や女性であれば出産する場合もありますし、住宅購入するために頑張ったサラリーマンも、ある程度の年になれば定年退職をします。

保険見直しのポイントの3つ目は、年代別のライフイベントに合わせるという事です。

出産を控えているのでしたら、子供の将来のために保険を見直しするのも1つの方法ですし、定年退職後に老後や残された家族の事を考えた生命保険などの保険見直しをする人もいます。

もちろん、住宅購入で万が一に備えて損害保険を見直しするというのも大切な事です。

ライフイベントは、人生の転換期でもありますので、これからのことを考えて保険見直しするチャンスです。

top